カードローンでガン治療を乗り越えた。(男性/30代)

男性/30代

私は北海道に住む30代の会社員です。妻と子どもの3人暮らしで、地元の中小企業に勤務しています。

健康には自信があると思っていましたが、年1回の健康診断で胃に異常が見つかり、
精密検査を受けたところガンが見つかってしまいました…

治療期間は1~2か月、抗がん剤治療も必要と聞いた時にまず考えたのが今後の生活費です。

ガン保険には加入していたのですが、保険金が支払われるまでの期間を考えると、現在の蓄えでは不安に感じました。医療費の支払いは保険金が下りた後でも大丈夫だとしても、家賃や子どもの塾の費用などがあります。

妻はパートに出ると言ってくれたのですが、生活費が足りなくなってからでは遅いですし、
子どもに塾を我慢させたくないので、入院前にカードローンに申し込むことを決めました。

最初は妻に反対されたのですが、保険金が出たら借りた分を全部返済できると説明すると、安心した様子でした。

インターネット上で全ての手続きを済ませることができ、数日後には自宅にカードが届いたのですが、すぐに借入はしませんでした。
必要な時に病院内の銀行ATMから借入しようと思ったからです。

なお、手術は成功し、抗がん剤治療も会社に通いながらできることになったので、
結果的には子どもの塾の冬期講習代を支払うための、数万円の借入で済みました。

もちろん、保険金が出た時点で完済しました。

急な入院で生活費などに不安を感じた時もカードローンを申し込んでおけば、
心にゆとりを持って治療を受けられると感じました。

妻も「保険金のつなぎに役立ったね。」と言っていました。

人気のカードローンはこちら